top of page
428602544_7813832475296810_6145563820981380347_n.jpg

LIQUID EXTRACTION SURFACE ANALYSIS (LESA®)

LESA は、オークリッジ国立研究所の Gary van Berkel 博士と共同で開発されました。 懸濁状態に保持された液滴 (液絡) を介した独自の表面抽出により、対象となる生物学的および技術的表面の空間分解分析のための新しいアプローチが可能になります。

TYPICAL APPLICATIONS  BENEFITS

  • 低分子医薬品PK/PD分析

  • 脂質イメージング

  • ​医療機器のバイオフィルム分析

  • インタクトタンパク分析

  • 高速、シンプルかつ直接分析

  • 1mmの空間分離能

  • 液体抽出と nESI ベース分析

  • nESI イオン化とわずか1μL の溶媒抽出による高感度分析

  • 培地からのバクテリア、菌類分析

THREE STEP LESA® EXPERIMENT

LASA-5-1.png

Step 1

溶媒リザーバーが満たされ、チップを取り付け、次にアダプタープレートを表面に取り付けます。

LASA-5-2.png

Step 2

ロボットが抽出溶媒をチップに吸引し、選択した表面位置に抽出プロセスを開始します。

LASA-5-3.png

Step 3

抽出された分析化合物は、インフュージョンナノエレクトロスプレー分析によってイオン化されます。

bottom of page