top of page
ピペッティングサンプル試験管

TLC-FlashReader

FlashReaderは、短波長から長波長までをカバーする二つのUVランプを搭載しています。TLCのRfスポットを画像として取り込み、BluetoothでFlash精製装置に情報を転送。その後、AIによる最適なグラジエント開発が自動的に行われます。

TLC-FlashReader_and_screen_white_TLC_plate_reader_Advion_interchim.jpg

特徴

  • UVランプ: 254nm & 366nm 

       二つのUVランプを備え、短波長(254nm)から長波長(366nm)までを

       カバーします。これにより、幅広い化合物の検出が可能です。

  • 利用可能TLCサイズ: 8.5 cm (W) & 12.5 cm (H) まで

       様々なサイズのTLCプレートに対応しており、最大8.5 cm x 12.5 cmまでの

       サイズに対応しています。幅広い用途で使用できます。

  • ​操作方法: スタンドアローンコントロール & インテグレート

       FlashReaderは独立して操作可能なスタンドアローンモードと、他のシステム         と統合して使用するインテグレートモードの両方に対応しています。柔軟な

       運用が可能です。

  • 省電力機能: 自動ランプOFF

       使用しないときには自動でランプがオフになる省電力機能を搭載しています。

       これにより、電力の節約と機器の寿命延長が期待できます。

  • 省スペース設計:17 cm の省フットプリント

       幅わずか17 cmのコンパクトなデザインで、限られた作業スペースでも場所を

       取らずに設置できます。

  • タイマー機能搭載

       タイマー機能を搭載しており、特定の時間に作動するよう設定することができ

       ます。作業効率を向上させることが可能です。

  • データ通信: Bluetoothでデータ転送

       Bluetooth通信により、取得したデータを迅速かつ簡単に他のデバイスへ転送

       できます。ケーブルが不要で、作業環境がスッキリします。

  • 自動グラジエント作成機能: XS-520 Plus

       FlashReaderは、AIを活用して最適なグラジエントを自動的に作成する機能を

       持っています。特に、puriFlash XS-520 Plusと組み合わせることで、効率的な

       分離・精製が可能です。

​【仕様】

電源:

寸法

重量:

インテグレート:

​データアウトプット:

110 V

17 cm (W) x 22 cm (D) x 31 cm (H)

5.9 kg

Advion Interchim Scientific 製 puriFlash XS-520 Plus, 535-XL 及び Generation 5 シリーズとBluetoothで連携

PC または USB

bottom of page